ぱるばか日誌 2017
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コルカタのエコ・リキシャ
 コルカタ市内にはいろいろなリキシャが走っている。
 オーソドックスなエンジン付き三輪オートリキシャと自転車リキシャ。これはだいたいどこにもある。
 コルカタで初めて見たのは、元祖の人力車と、三輪の電動リキシャだ。

 そもそもは英国人が日本で人力車を見て、それをインドに導入したのがリキシャの始まりだという。
 それが自転車リキシャになり、オートリキシャになり、電動リキシャに変わってきたのであろう。
 必ずしも「リキシャ」というのが通称ではなく、オートとか、スクーターと呼ばれることも多い。プーナではリキシャと呼ばれるようだが、英語綴りはrickshawだったりする。

 ともあれ、「コルカタには人の引っぱる人力車がある」という話は聞いていたが、ホントにあるのだ。それも、そこらじゅうにある。まだ街の風景の一部であるようだ。
 試しに乗ってみたが、悪くない。静かだし、排気ガスも出さないし。
 ただし、遅いから遠くまでは行けないし、運賃も高い。2kmくらいで150ルピー取られた。最初の話では120ルピーだったが、こちらが150ルピー出して釣りを寄こせと言ったら、車夫のオッサン「細かいの無いよ」とかニタニタしながら言い訳をして寄こさない。ホントは有るに違いないのだが、喧噪と煤煙と高温と悪臭の街中を走らせたわけだから、ま、仕方ないか。
 この元祖人力車と自転車リキシャがエコなリキシャの筆頭だろう。その次のオートリキシャ、この2サイクルエンジンが大気汚染の元凶のひとつと目されているのだ。ナリは小さいが、細い排気管から青灰色のガスを思いっきり吐き出す。どうにかならないかと思っていたら、電動のも既に存在していたわけだ。

 この電動リキシャは、主に定まった路線で乗り合い形式で運行していた。運転席の下に電池があるようで、ま、高価なリチウムイオンじゃあるまいから、鉛電池なんであろう。運チャンに聞いてみたら、充電時間は6時間で、距離は80km走行するという。
 電動だから当然、排気ガスは出ない。音も静か。オートリキシャは乗客定員2〜3名(いちおう)だが、電動リキシャは6名。向かい合わせに3名づつで、構造もだいぶ違っている。スプリングもイマイチだった。直ちにオートリキシャを置き換えるというものでもないようだ。
 日本では川崎の某会社が、インドからオートリキシャの車体を輸入して電動三輪車に改造し発売している。
 北京や上海をも凌駕するインド諸都市の大気汚染。どうにか頑張って緩和してもらいたいものだ。おりしもVWもディーゼルから電動への転換を早めるようだし。
EVで1万km
 オレがEVについて書くときは、基本的にEV促進を企図しているので、そのおつもりで。

 さて、数日前、我が三菱ミニキャブ・ミーブの走行距離が1万kmを超える。
 購入してから14ヶ月少々。うち2ヶ月は海外に居ただろうから、実質1年で1万キロだ。
 満充電して百kmも走らないクルマだから、よく乗ったというものだろう。本来は商用車なんだが、オレは乗用車として乗り回している。イザという時はステーションワゴンを凌駕する積載性があるから、なにかと便利だ。
 で、その間のエネルギー収支を計算すると、経済的な面で言うと同クラスのガソリン車と比べ、10万円ほどトクをしている勘定になる。
 これは夜間電力で充電し、またガソリン価格160円/Lで計算しての話。
 同クラスというのは、三菱ミニキャブ・ブラボーターボ4WD。
 まあ、オレはクルマは素人だからよくわかんないが、ミーブの走行性能はオレの知ってる軽自動車とは別次元なので、最上級のブラボーターボ4WDを比較対象にしたとういわけ。
 ミーブとターボの車体価格差は90万弱。ミーブには政府から購入補助が上限66万まで出る。それで実質一年で燃料費が10万節約できるとしたら…

 ミーブの走行性に関して、最近、よく思うことがある。
 街中でも、瞬時に加速したい場面は多々あるのだ。
 たとえば、追い越しの時や、他車や歩行者を待たせている時、黄信号を駆け抜ける時(!?)、等々。
 かかる時のミーブのダッシュ力は尋常ではない。
 ガソリン車でもダッシュはできるだろうが、ワンテンポ遅れるし、軽などはエンジンに過大な負担がかかる。
 細い路地で、犬を抑えつつ道路脇に佇む散歩者に、排気ガスや騒音を浴びせることなく、スッと走り抜ける…これはEVならではの芸当だ。
 (ただ、静かすぎて逆に危険ということもあるが)

 昨日、アメリカのEVセダン、テスラSが日本でも発売になった。
 セダンタイプにはあまり興味のないオレだが、スペックなどを見て、やや物欲が動く。航続500kmということで、大概の用途には問題あるまい。
 積載する電池容量はミーブの8倍くらい。それで車重も増し、カタログ値で電費はミーブの1.6倍ほどだ。
 メッチャ快適そうなクルマだけど、オレが遠出する機会は月に一度あるかないかくらいだし、やっぱミーブで良いかな。
 それでも、週一くらい遠出して、セダン購入を考えている(裕福な)人は、ちょっと選択肢に入れてもいいかも。
 車体価格はそれなりだが、かなりの補助金が出るだろう。
 それに電費1.6倍ってったって、ミーブ1万kmで電費1万5千円くらいだから、タダみたいなもんだ。
 
のろいのEV
電気自動車(EV)最大の弱点は、航続距離の短さだ。
そんなのは誰でも知っている。
オレの乗ってる三菱ミニキャブミーブなんか、自慢じゃないが、満充電で100kmも走らないんだぜ。
冷暖房を入れたら、もっと短くなる。
道の起伏、搭乗人数、積載量によって、更に短くなる。
ハイルーフのボックスタイプだから空力性能が悪く、高速で80kmも出したらまたまた短くなる。
ま、そういうことを承知して使えば、日常の街乗りにさして不自由はない。

問題は、たまに遠乗りする時だ。
たとえば昨日、新宿伊勢丹まで往復。
拙宅から片道55km。
高速走行も含む。
途中、充電は必須だ。
こういう時には、事前にGoGoEVなどの充電スタンド情報サイトをチェックし、綿密に走行計画を立てる。
これがまあ、楽しいところなんだけどな。

しかし、以前からちょっと気になるコトがあった。
充電情報サイトがどのくらい信頼できるかだ。
たとえば、近辺にはココしかない!とアテにしていたスタンドの充電器が故障していたらどうなるか。
ガソリン車ならスタンドはいくらでもあるし、最悪、JAFも呼べる。
充電スタンドは数が限られ、また、JAFの救援体勢も未知数だ。
ただ、今までのところ、どうにかなってきた。

ところが、昨日、とうとう陥穽にハマってしまったのである。
情報サイトで見つけたのが、新宿地下街、サブナード駐車場。
ここは伊勢丹の契約駐車場で、200Vの普通充電器がひとつ設置され、無料で使用できる。(駐車場は有料)
200V充電器だと、弊車を満充電するのに3時間半ほどかかる。
ただ伊勢丹には4時間は滞在する予定だったので、まず問題はないはずだった。

ところが、この充電器、動かなかったのである。
最初からダメとわかれば対処のしようもあるが、2時間半ほど駐車した時点で、ダメだとわかったのだ。
それでしょーがないから、ちょっと離れた三菱の販売店まで転がして、そこで応急に充電してもらう。残念ながらそこには急速充電器が無い。やはり200V充電器しかなく、夕闇迫る雨の中、営業時間内には充分な充電ができなかったのだ。
おかげでその日の予定が大幅に狂う。
ガソリン車で来れば良かった。
のろいのEVだ。

帰りは、途中、中央高速を下りて、国立市役所で充電することに。
情報サイトによると、国立市役所の急速充電器は「雨の日は充電できない」とか「あ、やっぱりできた」とか書いてある。
半信半疑で試してみたら、雨の中、かなり楽チンに充電できる。(急速充電器は機種によって難しかったりするのだ)
おかげで余裕を持って帰宅できた。
この辺のスリルも面白いところ。
電キャブで碓井越え
一昨日の師走29日。
家族の反対を押し切り、自宅(東京・五日市)から実家(信州上田)までミニキャブミーブを駆る。行程200km弱。
公称航続距離100kmの弊車で冬の碓井越えは、やや心配ではある。
ま、趣味だからな。
やってみよう。
天気も良いし。
(↑これがポイント。暖房をつけると一気に電力を消費する)

途中、三箇所で給電を受ける。
最初は、秩父芦ヶ久保の道の駅。
次は藤岡市役所。
ここまでは順調であった。青空のもと、田舎道を楽しくドライブ。

急速充電器は、車載電池の85%までは文字通り極めて急速に充電する。弊車の場合、ゼロから85%まで10分くらいか。
その後、徐々に充電速度が落ち、100%までは30分くらいかかる。

藤岡市役所の次の充電ポイントは軽井沢町役場。
行程は50km弱だが、その間に碓井峠があり、標高差は900mほどある。
この登りが怖いので、頑張って100%近くまで充電する。
碓井越えのルートは三つあるが、今回は碓氷バイパスルートを選ぶ。おそらく一番効率が良いと推測される。

車窓の風景は美しいが、電池残量が気になって、楽しんでいる余裕は微妙。
峠の上り坂にさしかかると目に見えて電力消費が増大する。
登坂車線を利用しつつ、比較的ゆっくり登る。
標高千m超の峠を越え、軽井沢町役場に辿り着いた時には、メーターの残量表示は7kmだった。役場の標高は約950m。
藤岡 ― 軽井沢間に給電ポイントはないので、弊車みたいな容量の小さな車は注意が必要である。(同乗者のいる時はやめといたほうがいい)
それさえ気をつければ、いいかも。
時間は倍以上かかるけどな。(ガソリン車で高速を走るのに比べると)
当日の交通費は百円弱。(無料充電ポイントを利用)
電気自動車の充電 (イオン編)
 現在開催中のフランクフルトモーターショーで、VWやBMW、ダイムラーやポルシェなど独国の諸メーカーがこぞってEV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)を展示している模様。
 今まで独国メーカーのエコ戦略の中心はダウンサイジング、すなわちガソリンやディーゼルエンジンの小型効率化だったが、ここに来て大きく様変わりしているようだ。
 やはり自動車の電化は世の流れなのである。
 我々の考えは正しかった!⋯と日産などは喜んでいるみたい。(あんまり売れてないんだが)
 ついでに、充電ポイントが増えてくれるとオレも嬉しいんだが。

 今回はそのイオン・ショッピングモール編。
 ウチの近所だと、イオン武蔵村山店に充電スポットが設置されている。
 急速充電器1台と200V充電器2台。いずれも無料。
 買い物している間に足代も面倒みてくれるんだから有難い。

 それよりも便利なのは、その充電用駐車スペース。
 上記のごとく3台分あるんだが、いつもどこかしら空いているのである。
 週末や連休中など、駐車場が大混雑している時でも、空いている。
 しかも、そのスペースは正面入口の真ん前というSS席なのだ。
 ガソリン諸車が空きスペースを求めて絶望的な徘徊を繰り広げる中、指定のSS席にスッと無音で乗り入れる感覚は実にVIPである。

 アレだよ。
 十数年前、ETCが出始めた頃。
 高速出口の料金所で延々と列を作る諸車を横目に、ETCゲートにスッと乗り入れる感覚。アレに近い。
 今はみんなETCだから、そんな優越感もないんだけど。
 イオンのSS席もいずれ普通になってしまうのだろう。
 っていうか、普通になって欲しいと思う。
電気自動車の充電 (自宅編)
三菱ミニキャブミーブがウチに来て二ヶ月少々。
毎日楽しく近辺ドライブをしている。
環境負荷が低いと思うと、フットワークも軽くなるものだ。
おかげで生活も豊かになる。

充電は通常、自宅で行う。
屋外に200Vの専用コンセントを設置した。
馴染みの電気屋さんに頼んで、2万5千円くらい。(普通はもっと高いようだ)
電気モニター(太陽光発電付属の)でチェックすると、3kW弱の電気が流れている。
電キャブの総電力量は10.5kWhなので、4時間弱で充電されることになる。

100Vでも充電できる。
おそらく上記の二倍くらい時間がかかるのだろう。
ただ、三菱は、家庭用100Vコンセントからの充電は推奨しない。
というのも、家庭用コンセントは、頻繁な抜き差しを想定していないからだという。
それゆえ、100Vにしても200Vにしても、専用のコンセントが必要になる。
充電コードも、それぞれ別売だ。
ここは黙って200Vにすべきだろう。

エアコンをつけると2〜3割、走行距離が短くなる。
だからオレはだいたい窓を開けて走る。
カタログ値は満充電で100km走行だが、郊外の平地で窓開けて走れば、ほんとに100kmくらい行きそう。
ただ、路上で電欠になると、それこそレッカー車だから、余裕を見ておかねば。
電気自動車の充電 (三菱自販篇)
ウチの畑は坂道に面している。
ときおり傍らを車が通過していく。
かなりの急坂だから、上りの車は相応にエンジンを噴かす。
オレは鍬を持つ手を休め、しばし息を止める。
排気ガスを吸いたくないからな。
みんな電気自動車に乗ってくれればいいのにと思う。

EVの欠点は航続距離だ。
ウチの電キャブも公称100km。
エアコンやヒーターをonにすると、それより低くなる。
いつも電量計を意識していないといけない。
ちょっと遠出をする時には、チャデモマップを参照していく。
チャデモというのはEV用の急速充電器だ。
けっこういろんなところに設置されている。
マップを見て、できるだけタダのところを探す。

まず、三菱自動車の販売店だ。
立川店に二度ほど立ち寄ったことがある。
車を乗りつけると、販売員が駆け寄ってくる。
顧客扱いだ。(購入したのは青梅店だが)
販売員にキーを渡して、後はすべてお任せだ。
オレは店内に招かれ、商談テーブルに据えられ、飲み物の希望を聞かれる。
昨日はリンゴジュースを頼んだ。
冷たいジュースを飲みながら、メールチェックなどしていると、そのうち充電が完了する。
これでまた公称100km走れる。
「ありがとうございました!」と頭を下げられ、公道まで誘導される。

以上、すべてタダ。
なんか申し訳ない。
けど、また行くかも。
関東三菱自販の話だが、ほかの三菱販売店はどうなんだろ。
後部に布団を積んでおけば、ジュースを飲みながらタダで日本一周できるかもな。
電キャブ到来
 電キャブがウチに来た。
 三菱のミニキャブミーブだ。
 先週土曜日。

 もともとは電トラにするつもりだったが、諸般の事情でコレにする。
 一番安い部類の、10.5kWhハイルーフ4シーター急速充電タイプ。
 たまたま激安セールをしていて、電トラと同じくらいの出費で済んだ。おそらくリコール問題などの影響もあったのだろう。

 週末にかけて200kmくらい乗り回した。
 そのファーストインプレッション。

 このくらい座高の高いクルマも珍しいだろう。
 床下に大量の電池を収納しているからだ。
 そもそもオレも座高では人後に落ちないから、このクルマに乗っていると、周りの諸車を睥睨するカタチになる。
 隣に独国のB車が来ても、伊国のF車が来ても(まだ来ないが)、この睥睨感は優越だ。
 信号が変わっても、強力な低速トルクで、発進は負けないのだ。ま、アウトバーンに乗ったら負けるが。

 座席が後ろに倒れるのも良い。
 電トラは直立だからな。
 ハイルーフで頭上に余裕があり、高重量・低重心で安定感もあるから、軽のバンに乗っているということをすっかり忘れてしまう。
 クルマから降りてみて、あ、こんなに小さいのに乗ってたんだと奇異なる印象。

 発売半年の電トラほどレアじゃないけどな。
 それでも、このあたりではまだ一度もお目にかかったことがない。
 ウチのインド人シェフがこれに乗って食材を買いに行くと、処々にてかなり珍しがられるようだ。(当たり前か!?)

 今のところ、遊園地のアトラクションみたいな感じ。
 アクセルを踏み込むと、ミーンと加速する。
 商用車ではあるが、ファミリー用途もイケる。航続距離が満充電で100kmしかなく、冷暖房をonにすると更に短くなるから、街乗り用の二台目という感じで。
 助手席でもじゅうぶん楽しいからデート用途もあり。(遠出はできないけどな)
 アイミーブやリーフより良いんじゃないか!? (乗ったことないからわからないが)
 街中が遊園地になるクルマ。
 
電キャブ試乗
一週間ほど前、電トラに試乗した。
電気軽トラだ。
それがなかなかヤバかったわけである。
その後、フト考えた。
オレみたいな使い方だと、軽トラより軽のバンが向いているのではないか。

軽トラで不便に思っていたのは、まず二人しか乗れないこと。
バンだったら四人乗れる。
また、荷台にモノを載せる場合、重量物でない限り、ロープなどで保持しないといけない。
バンだったら中に突っ込んでドアを閉めればOK。雨でも大丈夫。
軽トラってカッコ良いんだけど、そもそもオレは農夫ではないし、建築関係でもないしな。

それで今日、改めて試乗してみた。
三菱には電動の軽バンがある。
アイキャブ・ミーブという名前だ。
縮めて電キャブと呼ぶことにしよう。

後部座席を折りたたむと、広大な積載スペースが出現する。
助手席の背もたれを前に倒すとかなりの長尺モノもOKで、竹竿など運ぶのに重宝しそう。
木や薪だってじゅうぶん運べるだろう。

乗り込んで気づくのは、座席の心地よさだ。
座席も前後にスライド調整できるし、背もたれも後傾している。
背筋直立の電トラ座席よりずっとラクだ。
それに、ハイルーフタイプなので、座高の高いオレでも頭上がゆったり。

始動は電トラとまったく同じだ。
ガソリン車感覚でキーを回し、アクセルを踏み込む。
出足や加速のパワーは電トラと同じで、メチャ快適。
一時停止での静粛性も同じ。
電トラより重心が後ろにあるから、後輪空転の恐れも少ないだろう。

電気自動車は一度乗るとクセになる。
軽トラに増してヤバいと思った。
電トラ試乗
軽トラを足代わりに使っている。
スズキのキャリイ。
十年前に七年落ちのを買った。
もうかなりイイ年である。
加えて、二駆のオートマで、いかんせん力が弱い。
そろそろ買い換え時かなと思っていた。
ハイブリッドの軽トラ⋯なんか出ないよな。
とか思っていると、三菱から電動のが出た。
ミニキャブ・ミーブトラックという。

つらつらネットで調べていると、三菱自動車販売の青梅店に試乗車が置いてある。
そういえばオレの従弟が三菱自販に行ってたな⋯
久しぶりに電話すると、なんと青梅店勤務だという。
そこで本日、勇躍、キャリイを駆って、試乗に出かけたというわけ。

外見や車内はほとんどガソリン車と同じ。
ただ、キャリイに比べ、運転席や荷台が数センチ高い。
オレにとっては好都合かも。

シフトレバーもガソリン車のオートマとほとんど同じ。
始動も同じで、キーを回して、シフトレバーをDとかEcoとかにして、アクセルを踏み込む。
プリウスだと始動にまごついたりするが、電トラはまるきり普通のオートマ感覚だ。
ただし、キーを回しても、エンジンが始動するわけじゃないし、目覚ましい変化はなにもない。メーターが点灯するだけだ。

しかし、動き出すと、わがキャリイとはまるで違う。
パワフルなのだ。
アクセルをぐっと踏み込むと、軽々加速する。
下手なガソリン車よりはえーだろうな。
ま、軽トラだから競走したりしないけど。
高速もイケそう。
車体がガソリン軽トラより重たいので、空荷でも安定感がある。

わがキャリイは空荷の際、駐車場所に依っては、始動時に後輪がよく空転を起こしたものだ。(エンジンが前方にあるので後ろが軽い)
だから、たとえば、坂をバックで上ることに難があった。
電トラはモーターの設置位置が後方にあり、車重も大きく、パワーもあるので、そうした欠点は少ないと考えられる。

シートの座り心地はイマイチだけどな。
ま、軽トラだからしょーがねぇか。

大きなメリットは燃費だ。
深夜電力を利用すれば、1kmあたり1円少々。
ガソリン軽トラのざっと10分の1だ。
静かなのも良い。交差点で一時停止すると、静寂が訪れる。
排ガスを振りまかないのも良い。

欠点は価格。
高い。補助金も昨年より減額になった。
それから航続距離。満充電で110km。
これらは年々改善はされようが、それも電気自動車の普及度合に依るであろう。

それらを差し引いても、おもしろいクルマだと思う。
ちとやばいかも。