ぱるばか日誌 2017
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
国立文楽劇場
 大阪には文楽の国立劇場がある。
 今、開館35周年記念公演をやっている。
 出し物は仮名手本忠臣蔵の大序から四段目まで。
 こちらもネットで簡単に座席指定できる。二日前に購入したが、わりあい良い席が取れた。
 月曜・昼の部であったが、ほぼ満席。
 人気があるのだなぁ。ポピュラーな演目ゆえか。

 人形劇の国立劇場って、世界でここくらいじゃあるまいか。
 インドネシアあたりにはあるかもしれないが、先進国ではちょっと例がないかも。
 それくらいユニークな存在だと思う。

 オペラと同じで、総合芸術だ。
 文学、音楽、美術、演劇。
 音楽は、ボーカルと三味線、各一。

 人形の繊細な動きなど、さすが文楽だ。
 しかし、なぜ人形劇なのか?
 主要な登場人物、いや人形は、三人の人形遣いで動かす。
 だったら一人の役者でこなした方が経済的ではないのか。

 人形が役者になったら、すなわち歌舞伎だ。
 実際、文楽と歌舞伎では演目が重なっている。

 歌舞伎との最大の違いは、ボーカル、すなわち義太夫節であろう。
 あれがなかなか良い。
 歌舞伎だったら役者が自分で語るが、文楽では専門の語り手がいる。
 何であれ専門家は強い。ベルカントも良いが、義太夫みたいなボーカル芸もなかなか無い。
 義太夫節に合わせて役者が演じても良いんだろうが、義太夫は人形浄瑠璃とともに発展してきたので、やはり人形の方がしっくり行くのだろう。それでより簡素で淡色系の芸能になっている。
 そのあたりに文楽の魅力があるんだろう。

 ちなみに、三週間ほど前にミラノのスカラ座に行ったが、文楽のチケット代はその5分の1以下。
 地理的にも近いし、日本人だから原語で楽しめるし、コスパ良いかも。
とある夢
 建築家ビジョイ・ジェインに新国立競技場ザハ案白紙撤回のことを話したら、それは良かったねとの答え。
 ザハとはムンバイ博物館のコンペで一緒だったそうだ。
 ビジョイだったらどんな競技場をデザインするかと聞いたら、インドの大理石で造るという。
 どんなんだろう??
 ビジョイデザインのオリンピックスタジアムにMakiデザインのユニフォームで殿(しんがり)に入場する日本選手団。
 これは夢だ。
首相の民族服
インド首相のナレンドラ・モディが来日中らしい。
今朝の日経(電子版)で見た。
京都・東寺で撮られた写真を見ると、白いインド民族服を着ている。
ヒンドゥー民族派のモディとしては当然かもしれないが、ま、それなりに格好良い。
翻って、同じ写真に登場する日本国首相の安倍晋三。
やはり大和民族派であるはずなのに、欧州の民族服を纏っている。
これはどうしたことか。
美しい国を標榜しているらしいが、みずからはちっとも美しくないではないか。

それどころか、電子版の写真が不鮮明なせいか、阿部の姿が、あろうことか仇敵・習近平そっくりなのだ。
習もそういえば中華帝国復活を目論む民族派っぽいが、やはり欧州の民族服を着て、同様に美しくない。
民族派ならチャイナドレス(紳士版)を着てしかるべきであろう。
阿部だってそうだ。羽織袴くらい着用したらどうか。いつでも切腹できるよう短刀を帯びて。そしたら少しくらい応援してやるのに。

インド国内では首相訪日の話題でもちきりらしい。
ところが、今日の朝日朝刊にはひとことも出ていない。
日本ではインドはニュースにはならないのか。
朝日もこのところ慰安婦問題で守勢に立たされているようだが、インドに対してその程度の認識じゃ、マズいんじゃないかい。
オペラで延命!?
おもしれー記事があった。
椿姫を聞かせてマウスが延命したという。
ホントかよ。
Ig Nobel賞受賞だという。そもそもこれはignoble(不名誉)のもじりだからな。

マウスに移植した心臓は、免疫機能によって通常は7日くらいでオダブツだが、音楽を聞かせると長生きするんだと。
・ヴェルディ「椿姫」 26日
・モーツアルト    20日
・Enya 11日

Enyaのカタカナ表記が気に入らねぇ。エンヤだとさ。
斎太郎節じゃあるまいし。エニヤだろう。誰だいったい⋯
ま、ビミョーに違うんだけどな。

で、音楽で免疫機能が抑制される ― これは、ignobleにしちゃかなり面白い研究じゃあるまいか。
過剰な免疫反応で悩んでいる人はあまたいる。
オレもそう。秋の花粉症だ。そろそろ鼻の調子がおかしくなってる。
アトピーの人も大勢いるし。
音楽で免疫が抑制されるとすれば、これは有難い。
マウスにも効くとなると、おそらく大脳辺縁系あたりが噛んでんだろな。
何らかの神経や神経伝達物質が関わってるのかも。

どんな音楽が効果大なのか知りたいところだ。
全体的な免疫力が弱まるんじゃ困るが。
花粉症にだけ効く音楽とかな、編み出せたら文字通り福音だ。
オリンピック開会式ユニフォームは弊スタジオに!
2020年オリンピック開催が東京に決まったらしい。慶賀の至りである。
で、心配なのは、華の開会式、最後に登場する日本選手団のユニフォームだ。

1964年の赤いブレザー、ま、アレはアレでいい。
旭日昇天の勢い、高度成長期だったしな。
しかし今はそうじゃないだろう。
にもかかわらず、先般のロンドンまで、基本は変わっていない。
ここいらで気合を入れ直さないとな。
そこで今回は、弊スタジオにデザインを任せてほしい。
悪いようにはしない。

そもそも、どのオリンピックを見ても、日本を含む東アジア勢の開会式ユニフォームは最悪だ。
知性を疑われる。
今でも思い出すのが、64年オリンピック開会式での、チャドとかガーナとか、アフリカ小国選手団の民族衣装。黒い肌に映えて、いかに美しかったことか。子供心にも鮮烈だった。それで国名を覚えたほどだ。実際の競技ではまったく目立たなかったが。

平和の祭典だ。
開会式でセンス良く決め、あとの競技は、まぁホスト国だしな、派手に負けて、遠来の客に花を持たすってのが、オトナというもんだろう。
越中褌活用法
最近、褌の便利な使い方に気づいた。
ハンカチーフの代わりである。

どうもハンカチってのに馴染めない。
幾つか持ってるんだが、常時携帯するってのが面倒でいけない。
あれば便利だとは思うんだが。
それでハタと気づいた。

越中褌には、前垂れがある。
この部分は通常、あまり役に立たない。
それをハンカチ代わりに使えば良い。
サイズ的にも同じようなもんだし。

手を拭くとかな。
前垂れは前もって出しておくといい。
多少湿るが、そのうち乾く。金冷に好適であろう。
あるいは、顔を拭くとか。
先日、ヒマラヤ山村に民泊した折、朝起きて洗顔し、タオルがないからやってみた。
前垂れをギュッと引っ張り、多少身体を屈めれば、できないことではない。

あるいは、眼鏡やカメラレンズを拭くとかな。
基本的に毎日洗うもんだし、布も柔らかくなってるから、けっこうキレイになる。
あるいは、パソコンのディスプレーを拭くとか。
ついでに、車のフロントガラスを拭くとか。
⋯ま、これは無理か。
減食と瞑想
摂食量を減らして一ヶ月。
某書に影響され、最初の五日間は一日一食、その後は二食がメイン。
主たる理由はわがメタボ的傾向にあったが、ちと本を読み違えていて、オレはじつはあまりメタボじゃなかったみたい。

体重はワリに簡単に減る。当初より3kg減っている。
オムロン「カラダスキャン」の今朝の数値によると、ひと月前に比べ、体年齢は40→37、内臓脂肪(諸悪の根源)は7→5になった。
ひとまず目標達成!!
ただ、体脂肪率とか筋肉率にはそれほど大きな変化はないのだ。
減食により、脂肪・筋肉ともまんべんなく減るということらしい。

だから、より美しいボディのためには、積極的な筋肉の使用が必須になるであろう。
ココが難しいところで、減食すると筋肉使用が難しくなる。腹が減っては何とやらなのだ。
昨日、朝食抜きで野良仕事を3時間やったらフラフラになった。アレは身体にも良くはあるまい。
昔の働き者の農民は一日五食だったというから(宮本常一著『忘れられた日本人』)、筋肉使用に合わせた食事は必要であろう。

一日三食というのがいつ定式化したのかわからぬが、それはあくまで平均値なのだ。
今までオレは、「一日三食+おやつ」みたいなごく「常識的」な生活を送ってきたが、これはある程度の肉体労働を伴うケースであろう。
今みたいに肉体を動かす機会の少ない社会では、ともすると過剰な栄養摂取となる。
そのぶんカネもかかるしな。

そもそも、なぜ人はカネをかけてまで健康を阻害するのか。
ひとつには、食事がエンドルフィン分泌を促進するからであろう。
要するに、食うと幸せを感じるからだ。
経済&健康増進のためには、別の方途でエンドルフィン分泌を図らねばなるまい。
たとえば瞑想に親しむとかな。
また春山茂雄氏によれば、苛立っているとNPYというヤケ食い誘発酵素が分泌され、心安らかな時にはPOMCという食欲抑制酵素が分泌されるんだという。
インドのバラモン僧は今でも一日一食だそうだが、そのあたりにヒミツがあるのかも。(肉体労働もしないし)
一日一食
iPadを買った。
で、試運転のため、本を一冊ダウンロードした。
「空腹が人を健康にする」ってやつ。
南雲吉則著。
けっこうその気にさせられる。
著者の奨励する一日一食・早寝早起きって、考えてみれば仏陀の生活と同じじゃん。

三日で成果が見えてくるという。
面白そうだから試してみた。
昨日から。
完全な一食じゃないけどな。朝、豆乳と、昼に野菜ジュースを一杯飲んだ。
24時間後の今朝、計ってみると、一日で体重が1kg減った。66.4kg→65.4kg。
内臓脂肪指数も7から6になった。(5が標準らしい)
身体年齢も40歳から39歳になった。
しかし、体脂肪率は18.5%から19%に増えた。
体脂肪が142g増えた計算になる。
以上、オムロンのカラダスキャンによる。
内臓脂肪が減って体脂肪が増えるって、ヘンじゃね!?
ま、しかし、春山茂雄氏によると内臓脂肪は諸悪の根源らしいから、ポジティブに考えよう。
腹回りがメタボっぽいのだ、オレとしたことが。

今朝も豆乳のみ。
あ〜、腹減る。
10:02AM
日面通過
金環食を見た。
しかし、事前に知らなかったら気づかなかったかもな。
なんか、やけに暗いな、変な天気⋯
⋯ってくらいだろう。
ウチのソーラーもしっかり発電してたし。170ワットくらい。薄雲の中。

金環食なんていう美麗な名前がつくから、過度に期待してしまう。
言ってみれば、あれは「月の日面通過」だ。

来月6日にあるけどな、金星の日面通過。
そっちの方が天文学的にはレアな現象らしい。
日食のダイゴ味
あと三日に迫った金環食。
かつて天文少年だったオレは、まあ自慢じゃないが、過去に二度、皆既食を見に出かけて、二度とも晴れを当てている。

三年前の2009年日食。のんびりしていて出足が遅れ、西南諸島には渡れず、上海・金山区(日食中心線に近い)の宿々も満杯。やむなく古都・杭州に赴いたら、そこだけ晴れた。
1983年のジャワ島日食。滞在先のイスラエルからわざわざ、止めるアナタを駅に残し、インドネシアへ渡る。当日閉鎖されていた世界遺産ボロブドールに忍び込み、そのてっぺんでただひとり、黒い太陽を拝んだのであった。
岩戸伝説をひもとくまでもなく、皆既食はひたぶるにドラマチック。

金環食は初めてだ。
ただ、皆既の直前直後は金環食みたいなもんだから、その経験に徴して言えば⋯
あまり大したものでもあるまい。
太陽面が少しでも出ていると、めちゃまぶしいのだ。
決して肉眼で見てはいけない。というか、まぶしくて見られない。
日食用グラスも良いが、あれは日食の推移を見るためのものだ。
そんなものでリングを見たところで、特に面白いものでもあるまい。
肉眼ではリングは見られないと思うし、見てはいけない。

日食のダイゴ味は、真っ昼間、だんだん暗くなるところにある。
晴れているのに不気味に薄暗くなり、ダイヤモンドリグの一閃を残して、皆既になる。
黒い太陽の周りに茫々と広がるコロナ。
生きとし生けるもののザワつき。

金環食にはこのクライマックスが無いのだ。
それに、始まる時間が早い。
食の開始が東京で6時19分だろ、で、金環開始が7時32分だ。
何が楽しいかといえば、きっと、昼間に暗くなることくらいだろう。
これも真っ昼間だったら多少は劇的だろうが、朝の7時半じゃなぁ⋯。
天気もイマイチみたいだし。

というわけで、今回の金環食は、個人的にはあまり期待していないのだ。
いちおう、当日は朝早く起きるつもりだが。