ぱるばか日誌 2017
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インドビザ2015秋 | main | ダマシオ『自己が心にやってくる』 >>
バスマティとコシヒカリ
 インドでウマい米を見つけた。
 Minimogra(ミニモグラ!?)という商標で、下級のバスマティ米だ。
 高級バスマティより粘り気があって、オレの口に合う。
 それで日本に持ち帰る。(持ち込んで良いのか知らないが)

 インド米にはインド米の調理法がある。
 炊くんじゃなくて、茹でるのだ。パスタみたいに。
 しかしオレにそんな芸当はできない。
 だから普通の炊飯器で普通に炊く。
 当然、インドで食うほどウマくない。
 日本米より水を多目にしたほうが良いみたい。
 それでもイマイチ、ウマくない。
 ウチのインド娘もあまり好まない。(日本米を食いたいと言う)
 パサパサした感じなのだ。
 それでしばらくご無沙汰していた。

 今日、ウチのインド人シェフがタイカレーを作った。
 カレーにはやはりインド米。
 久しぶりにミニモグラを炊こうと思う。
 先日、実家から新米のコシヒカリをもらってきた。混ぜてみたらどうなるだろう。
 バスマティとコシヒカリ、東西の横綱だ。半々の分量で炊いてみる。新米でもあるし、水加減は日本米と同じ。
 すると、けっこうイケるのだ。
 バスマティ特有の香りもあるし、適当な粘り気もあるし。
 インドで食うミニモグラに勝つかも。
 ウチのインド娘もウマいと言っていた。
 (おとなしい娘だからな、オレが炊いて「ウマいか」と聞けば「ウマい」と答えるに決まっているが)
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/318
TRACKBACK