ぱるばか日誌 2017
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 愛(かな)しき玩具 | main | 無という航空会社 >>
トリのサブジ
 インド歴も三十年にさしかかろうとしているが、毎回、新しい発見がある。
 今回はトリのサブジかな。

 6月1日からの滞在だ。26日までの予定。
 6月というと、北インドでは最悪の月ということになっている。
 暑いし、湿気は増すし、不快指数は頂点に達する。 
 なんでわざわざそんな月に長期滞在するのかというと、仕事もあるが、果物だ。
 マンゴーと、特に茘枝(ライチ)。
 ここ北インドのウッタラカンド州は茘枝の名産地なのだ。それは6月しか食えない。
 おかげで今回、浴びるほど食った。
 もはや思い残すことは無い。

 マンゴーや茘枝がウマいのは当たり前だから、それ以上は言わない。
 驚いたのは、トリであった。
 鳥ではない。toriという名の野菜だ。
 日本で言うと「ナーベラ(ヘチマのたぐい)だ」と当家のラケッシュ君が言っていた。
 胡瓜くらいの太さで、胡瓜より長目。
 これを、シンプルにマサラで料理する。
 まず、味がウマい。ラケッシュ君(プロのシェフである)に言わせると、ダシがよく出る。
 そして、なんとも言えぬ歯応え。ぷにょぷにょしていて、噛みしめるとじゅわっと味が出てくる。
 こんなサブジ、ほかにないなぁ。ヒットだ。
 そして、この野菜は夏場しか出てこない。
 道理で知らなかったわけだ。
 (ちなみに、トリのサブジは家庭料理だから、町の飯屋では食えない)

 というわけで、暑い国には夏行けと言うが、いいかもな。
 北インドの6月。
 (ま、一週間くらいで)
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/326
TRACKBACK