ぱるばか日誌 2017
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無という航空会社 | main | ギリシア文明発祥のナゾ >>
BREXIT 第三の見解
 イギリスのEU脱退。
 オレもかつて一年近くロンドンに滞在したからな。
 それなりの関心はあるわけだ。

 オレの旧友に、南日本の某国立大学教授が居る。イギリス人だ。
 英国貴族の末裔で、日本滞在三十有余年という、天然記念物級レア種だ。
 マスコミ上では英国各界の反応について様々に報道されているが、彼のごとき絶滅危惧種はどのように感じているのか?
 その見解を聞いてみた。
 すると、どっちでも良いとのこと。

 う〜ん、なるほど。
 政治家連中やマスコミなぞは、騒ぐほど注目を浴びるし、売上も伸びるからな、オレなんかもついそれに乗ってしまうわけだが、確かに、どっちでも良いのかもな。
 国論を二分したというが、投票率は72%ということで、「二分」以外の三分目も相当数いるということだ。
 もっとも某教授は、かかる発言のせいで家族からブーイングを浴びているらしいが。
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/328
TRACKBACK