ぱるばか日誌 2017
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ミロのヴィーナス | main | 今どき文語 >>
ギリシアの飯
 西洋文明発祥の地なわけだから、ギリメシは「元祖・洋食」ということになるだろう。
 そのワリには、あまり知られていない。
 オレもムサカやスブラキくらいしか知らなかった。
 おそらくトルコなど外国勢力による支配が長く、社会的な発展が遅れ、料理も進化しなかったのであろう。

 だが、基本となる食材は、ウマい、と思える。
 そもそも、小麦や牛、ブドウといったオリエント起源の食材は、まずギリシアに伝わり、それから西洋諸地域に伝播したものであろう。

 「人間はパンのみに生くるにあらず」。この聖句はもともとギリシア語で書かれている。
 そのくらい長い伝統を持つものだから、ギリシアのパンはウマい。
 特に、表面のカリカリのウマさは、フランスパンをも凌駕する。イギリスパンは言わずもがな。
 米やパスタは無いが、別に何の不自由も感じない。

 濃厚なギリシアのヨーグルトは、最近、ウチの近所のイオンでも売っている。
 イオンの「ギリシア・ヨーグルト」は「ブルガリア・ヨーグルト」もビックリの価格だが、ギリシアではごく普通の食材だ。言うまでもなく、メッチャ滑らかで美味。単品でもじゅうぶん朝食の主座を占める存在感がある。
 更には山羊乳から作るフェタ・チーズ。ギリシア・サラダを頼むと、コレが上にデーンと載っかってくる。野菜の量はハンパないが、フェタと一緒なら箸(フォーク)も進む。オリーブの実と油が食欲を増進させる。

 そしてギリシアにはディオニュソス、酩酊と葡萄酒の神がいる。
 ギリシアワインと言えば、レツィーナ。
 これは好き嫌いあるだろうな。松ヤニ入りの白ワインだ。ギリシアでは広く流通している。だいたいどこのタヴェルナ(飯屋)にも常備されているし、酒屋にも置いてある。
 あんまり酒の飲めないオレであるが、コレには病みつきになった。冷やして飲むと、ギリシア飯にはぴったり。
 三銘柄ほど試してみたが、クルタキ(Kourtakis)が一番好きだったかな。これはおそらく同国で一番大きなレツィーナ酒蔵で、日本でもたまに売っている。
 ちなみに、ギリシアから買って帰りたい人は、アテネ空港の免税店が一番安くて便利。(3.5ユーロ)

 パンとギリシアサラダとレツィーナと、それからあと一品あれば、二人分の夕食には充分だ。基本食材がウマいから、毎日同じでも飽きない。よくわからぬメニューと毎回格闘する必要もないから、ラクだ。
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/331
TRACKBACK