ぱるばか日誌 2017
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『あなたの体は9割が細菌』 腸内細菌と瞑想 | main | 究極のイクメン >>
広州白雲空港
上海に用事ができたので、デリーから飛ぶことになった。
利用キャリアは中国南方航空(CZ)。広州ベースの中国最大の航空会社。
CZは初めてだ。昼間に飛ぶのでラク。それに激安。上海まで片道で2万円弱。
広州乗換で、機材は小型のB737。新しくてキレイだ。やっぱインドの航空会社とは違うかも。
 
食在広州っていうから、昼飯をちょっと期待してたわけだ。というのも一ヶ月以上、一日三食インド飯だったんで。
中国人形みたいなCAが「チキン or ベジ?」と聞く。下手に答えるとインド飯が出てくるから、「チャイニーズ・プリーズ」と答える。中国系キャリアに乗る時はいつもそう言う。すると、じゃ、チキンね、という感じで手渡されたんだが…。なんだ、インド飯じゃん! チキン入りのホウレン草カレーであった。ま、ウマかったけどな。インバウンドだから中国飯は積み込んでなかったのかもしれない。エコノミには。

広州の白雲空港も初めて。
この空港でイミグレを済ませ、国内線に乗り換えるわけだ。
イミグレ、セキュリティを通過し、長い連絡路を乗り合い電気自動車で移動し、国内線ターミナルに入る。
所要時間は前便到着から45分くらい。乗り換えに慣れていれば特に問題あるまい。要所要所に「乗換」のタスキをかけたCZの係員が立っていて案内してくれる。

空港ターミナルにはそこここに中華飯屋が店開きしていて、ひたぶるにそそられるのだが、二時間の乗り継ぎ時間では食ってるヒマもない。次便も2時間半の所要だから、夕飯もどきも出ることだろうし。ま、期待はできないが。(後日談:ピーナツとクロワッサンだけだった)
国内線待合は現地の人々でいっぱい。一挙に中国世界に突入だ。
広州上海便も小型のA320。これもやはり新しくてキレイな感じ。パソコンを打っていたらCAに閉じてくださいみたいなことを中国語で言われる。オレも現地人に見えるんだろうか。これからガンディー帽をかぶって旅しよう。

というわけで、CZ、なかなか良いかも。時間も正確。やはり中国最王手だけのことはあるかな。白雲空港の駐機場や整備場には巨大機A380の姿も。(見るの二度目)
唯一難点は、マイレージがスカイチームなこと。これは日本人にはほとんど役立たない。(MUもスカイチームだが、JALと提携している)
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/335
TRACKBACK