ぱるばか日誌 2017
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『生物はウイルスが進化させた』 | main | ぬかみそチーズ >>
末廣亭・怒濤のインド航路
 つれづれに末廣亭のHPをチェックしたところ、六月下席・夜のトリが小三治ではないか。
 小三治と言えば、毎秋、立川市民会館で独演会があるのだが、昨秋はチケットは取ったもののインド出張で行けず仕舞。

 これを逃す手はあるまい。しかも昼のトリは喬太郎。それ以外にも一之輔、さん喬、正蔵、歌之介、権太楼など多士済々。
 小三治が演るのは午後9時あたりだが、だいたい立ち見が出る。ゆっくり観るには早く行くに越したことはないのだが、さて何時に行くか。

 これだけ面子が揃うのだから、これはヤルほかあるまい。昼の開演(12時)からぶっ通しの9時間コースだ。
 前も一度やったことがある。あの昭和レトロの狭い空間で九時間…
 なぁにこの時期インドに飛ぶのと同じくらいの時間だ。狭さだってインド航空の機内とさして変わるまい。(飲食のサービスはないが)
 小三治は休演日もあるし、土日も避けて、昨金曜日に出かける。

 ところが…
 12時ちょい過ぎに末廣亭に入ると、あろうことか、一階椅子席はもちろん、左右の平土間も満席、二階席に通されることに。
 末廣亭にはずいぶん通っているが、二階席は初めて。一階の平土間すら座ったことがないのに。それも金曜の昼間だぜ。出演者も驚いてたよ、まっとうな人は働いている時間なのに…と。
 というわけで、オレと同じこと考えてる人は、(小三治出演日には)、11時半頃には出向いた方がいいかもな。その価値はあると思う。つまらん芸人も出るけどな、ま、それは辛抱。
 枯れた小三治も良かったが、脂の乗りきった喬太郎とか、キレの良い一之輔、相変わらずの歌之介や権太楼とか。また行きたくなる。病み上がりなんだけど。
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/341
TRACKBACK