ぱるばか日誌 2017
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『心を操る寄生生物』 ― 腸か脳か | main | 真夏に贈る瞑想&Singing Dancing セレブレーション >>
画僧の系譜 ― 不染鉄展
 めっちゃ好きかも。
 聞いたこともない名前の画家だが、現在、東京ステーションギャラリーで大規模な回顧展が開かれている。
 不染(ふせん)が苗字で、鉄が名前みたい。

 なぜ好きかというと、観る者を瞑想の境地に誘ってくれるからだ。
 「絵画修行とは心を磨くこと」とは不染の言葉。
 浄土宗の寺に生まれ育ち、自ら法名も持っていたそうだ。
 不染にとっては画業も仏道修行の一部であったのだろう。

 そういう人の絵は好きだ。
 いはゆる、画僧の部類に属する人々。
 たとえば、南宋の牧谿や玉澗、本朝の雪舟や雪村、ルネサンスイタリアのフラ・アンジェリコ…
 彼らの絵も見る者を瞑想に誘う。

 ただ、禅僧であった東洋の画僧の絵と、キリスト教徒の画僧の絵とでは、誘導される瞑想の質も違う。
 禅僧の絵はハラに深く引き入れるが、キリスト者の絵はハートに強く働きかける。
 これはベースとなっている禅(仏教)とキリスト教のアプローチの違いでもあろう。
 これは音楽にしても同じで、直後に「ゴウ芽里沙ショパンピアノリサイタル」を聴いたのだが、演奏されるショパンの曲はすべて心地よくハートに触れるものであった。

 仏教系である不染の絵は、中国の山水画を研究していることもあって、やはり深くハラに下っていく。
 彼の山水画、たとえば「萬山飛雪」を観ていると、これはまさに瞑想誘導装置だなと思う。
 縦長の画面いっぱいに岩山が描かれ、その上の方から滝が何段にも分かれて流れ下って、前景の水辺に至る。これはまさに人間のエネルギーが頭からハラへと滔々と流れ下る姿ではないか。観る者のエネルギーも自動的に自らのハラに下り、法悦へと至る。これが山水画の魅力であったか!

 ただ、不染の生まれ育った浄土宗は念仏系であり、日本仏教の中ではいちばんハートの要素の強いものであろう。
 それゆえか、彼の絵にも、アンジェリコに通じるようなほんわかした柔らかさがある。晩秋の田園風景にぽつぽつと赤く描き込まれた柿の実がひたぶるにかわいらしい。

 いいものを見せていただいた。本展を企画したギャラリーの館長や学芸員に感謝。
 (翻って、己が業がはたして修行となっているのか、いささか心許なく感じるのであった)
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/344
TRACKBACK