ぱるばか日誌 2017
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 業務提携 | main |
精子戦争
 人間は一夫一妻制なのか多夫多妻制なのか論議の分かれるところだが、論議があるというのはすなわち両方だということだろう。
 本書ロビン・ベイカー著『精子戦争』は、1996年原書刊行だからもう二十年も前に書かれた本だが、かなり面白い。
 キンゼイ・リポートやハイト・リポートより深甚な影響を与えてきた書だという。
 基本的に言うと、人間というのは、男女の生殖戦略の違いから、多彩な性行動を取っているということだ。

 生殖戦略の違いというのは、すなわち、男は多量の精子を生産・射出し、女は1個の卵子で身籠もるという違い。
 それゆえ、一面において、男はより多くの女に受精させ、女はより優れた男の精子を得ようとする。
 そして女の膣や子宮の中では、唯一の卵子に到達しようと、複数の男たちの精子が戦いを繰り広げる。
 ただし、人間のようにカップルを作る動物においては、男が他の女に手出しをしていると、その隙に自分の女に手出しされるという危険性がある。そして男にとっては女の腹の子が自分の子だという確証はない。
 また人間の子供は成長に時間がかかる。その養育には父親の助けが必要だ。男は自分の子だと思えば育児に協力的になる。
 そうした人間の特質を背景に、一夫一妻、一夫多妻、一妻多夫、多夫多妻、浮気、不倫といった、様々な性行動が生まれる。
 ま、しかし、一夫一婦制がいちばん安全で、スタンダードなカタチなんだろう。そうすれば少なくとも、両性ともに、少数ではあっても比較的確実に子孫を残せるわけだ。
 ただ動物界では、一夫一妻制は極めて少数派ではあるらしい。

 本書によると、「一夫一妻など長期の関係は、約三百万年間、人間のセクシャリティの一つの特徴だったと考えられる」。
 また、「一夫多妻制に変わったのは、わずか約一万五千年の間の農耕に依存した時代のことである」。
 そして、「都市化と工業化が始まったここ数百年の間に、一夫多妻制、あるいは何回かくりかえされる一夫多妻制への全体的な揺り戻しがおこってきた」のだそうだ。

 精子戦争は、人間のみならず、広く動物一般において繰り広げられている。
 男側には自分の精子を勝たせる戦略があるし、女側にも好きな男の精子を応援するメカニズムがある。

 その戦いにおいては、睾丸のサイズが重要だ。というのも、睾丸のサイズが戦士たる精子の生産量を左右するからだ。
 そして、精子戦争の盛んな動物種ほど、たとえば乱婚制のチンパンジーなど、大きな睾丸を具えている。本書いはく、「(平均的に)大きなペニスと睾丸を持つ集団には、(平均的に)小さなペニスと睾丸を持つ集団より精子戦争を行う男性の数が多いのだ。この説は人間の集団ではまだだが、動物の種の間では実証されている」
 そして睾丸とペニスのサイズは、「平均的に見ると、黒人は白人より大きく、白人はモンゴロイドより大きい」。

 ということは、アフリカの方が日本より精子戦争が盛んなわけだ。
 オレの乏しいアフリカ体験からしても、それは何かしら頷けるところがある。三十年ほど前、ナイジェリアのとある州都だったが、高級ホテルの前に女たちがたむろしているのだ。それも必ずしも娼婦というわけではなさそう。泊まり客の男たちは気軽にピックアップして中に入っていく。ホテルの前で婦人警官が交通整理をしていたが、それをピックアップした猛者もいた(日本人)。こうしたアフリカのオープンなセクシャリティについては、岡崎がん著『トランス・アフリカン・レターズ』が面白い。
 ヨーロッパやアメリカについては、まあ皆さんの方がよくご存知であろう。

 ここで思い出すのは、拙ブログでも二度ほど取り上げた某避妊具メーカーによる世界各国のセックス頻度と性生活満足度調査。世界各国と言っても、主にヨーロッパとアジアの国々なのだが、アジア諸国のセックス回数はヨーロッパに比べて明らかに少ない。半分ほどなのだ。特に日本は調査41カ国中、セックス回数が年45回で世界最低。最高のギリシア138回に比べると三分の一。また満足度も中国に次いで世界で二番目に低い。

 最近巷では「レス」が云々されるが、やはり日本人はあまりセックスをしないらしい。
 アフリカや欧米に比べ、精子戦争の少ない、一夫一妻制の戦略を取るケースが多いのだろう。
 ただしそれはあくまで一般的に言えばであって、中にはアフリカ的、欧米的な人もいるはずだ。そういう人々が自己の性的な遺伝的形質に添って行動すると、一夫一妻的な世間からひどいバッシングを浴びる。最近は特にそういう傾向が強いのではあるまいか。
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/347
TRACKBACK