ぱるばか日誌 2017
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 釜山博物館 | main |
『私はすでに死んでいる』 ― 私とは何か?
 著者のアニル・アナンサスワーミーはインド系の科学ライター。
 様々な神経症を通じて、「自己」とは何かに迫る。
 8つからなる章ごとに扱われる神経症は、コタール症候群とか身体完全同一性障害など珍しいものや、認知症や統合失調症、自閉症といった身近なも。身近なものについては、その神経学的なメカニズムが解説されており、参考になる。また珍しいものについては、単純に興味深い。
 さて、問題の、「私」ないし「自己」であるが、現在の神経学では、デカルト的に二元論はまったく否定されている。身体を離れた霊的存在は「無い」のである。本書もその線で書かれる。分析された8つの症例から見ても、霊的な自己は存在しそうもない。
 自己は脳の中に現れるのであるが、本書ではことに、身体の役割を重視している。それゆえダマシオなどの所論が随所に言及される。なかなか示唆に富むところである。

 スピ系にとって興味深いのは、体外離脱などを扱った第7章、恍惚てんかんを扱った第8章あたりだろう。
 神秘体験や至福感も神経的な現象に還元できる、というわけだ。
 そう言っちゃあ身も蓋もないんだが、まあ、そういうこともあるだろう。
 ともあれ、ブッダもアドヴァイタ哲学も無我を語る。本書の結びも「病は自己そのものだったのだ」という言葉だ。
 要は、人間が進化の末に獲得した究極の自己「ナラティブ・セルフ」すなわち多様な物語をまとった自己(ダマシオ流に言うと「自伝的自己」)と、上手に折り合いをつけること。どうやって折り合いをつけるかというと、瞑想修行なのだろう。ただそのあたりは本書の範囲外だ。しかしそこが肝腎なところだろう。どうやったら簡単に無我の境地に行き着けるか、神経学的に究明してほしい。(それから、邦訳タイトルとカバー写真がセンス悪い。カバー捨てた)
COMMENT









Trackback URL
http://parpar.jugem.jp/trackback/350
TRACKBACK