ぱるばか日誌 2017
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 「死」とは何か | main | ラ・スカラ >>
瞑想の医学的効用
 昨日の昼下がり、HクリニックのN院長が弊スタジオ来店。
 Hクリニックとは、日本で唯一、アーユルヴェーダを採り入れている医院だという。
 アーユルヴェーダといえば、我々もインドではよくお世話になっている。
 アーユルヴェーダって西洋医学的に意味あるのですかと聞くと、慢性の病に効果があるとN院長。

 ところで、N院長は糖質制限の権威で、何冊もの著書がある。
 糖質制限かぁ⋯
 ちょうどその時、私は焼き芋と豆大福をおやつに食おうと思っていたところだった。
 囲炉裏の端で、そのN院長とティータイム。
 我が左手にはトコロカフェの珈琲。右手には焼き芋。N院長はもちろん珈琲のみ。
 聞くところによると、院長、自宅ではもう17年、炊飯器なしの生活をしているという。
 何を食べるのですかと聞くと、肉とか、魚とか、卵とか、豆腐。
 う〜ん、飯やパンや麺類なしに肉や魚を食うのか⋯
 酒はいかがと聞くと、蒸留酒なら無糖だそうだ。ビールだったら麦芽とホップだけのやつ。
 つまり、刺身に焼酎だったらOKなわけか。それなら良いかも。
 野菜はどうですか、身体に良いとよく言われますが、と聞くと、それは根拠がないと。
 う〜ん、野菜を食わなくてもいいのか!?
 更に院長いはく、気をつけるべきは果物である。果糖はマーカーをぐっと上げるんだと。

 言うまでもなく、我が好物であった焼き芋も豆大福もほとんど味がしなかった。
 糖質なしの人生など、いかに味気ないものか⋯
 とりわけ今、イベント最中で、諸方から様々な美味が降り注いでいるんだが、そのほとんどが、ケーキとか、クッキーとか、メレンゲとか、チョコとか、アイスとかいった、猪突猛進奇々怪々の糖質食品なのだ。

 その前途に暗澹たる思いを抱いていたところ、N院長、最後に一言⋯
 でもいちばん大事なのは瞑想です、瞑想によって副交感神経優位に持っていくことがポイント
 とのたまふ。

 それだ!
 瞑想的に生きれば、多少の糖質は良いんだ!

 ま、これはオレの希望的解釈なんだけどな。
 そうして生きていくほかあるまい。
 
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK